文字サイズ

黄金世代・山路晶ホールインワン!2位発進 師匠助言&新アイアン奏功

 「女子ゴルフ・富士通レディース・第1日」(16日、東急セブンハンドレッドC=パー72)

 黄金世代の山路晶(22)=森六グループ=がホールインワンによる1イーグル、6バーディー、5ボギーの3アンダー69をマークし、首位に1打差2位と好スタートを切った。ペ・ソンウ(韓国)が4アンダー68で首位発進。2週連続優勝がかかる稲見萌寧、比嘉真美子、永井花奈、テレサ・ルー(台湾)も3アンダー2位で滑り出した。

 ギャラリーが入っていたら大歓声が湧き上がったに違いない。170ヤードの17番パー3。山路は7番アイアンを気持ちよく振り抜いた。ボールはピン筋に飛び、カップの手前50センチに落下し、そのまま中に消えた。

 プライベートでは2度経験があるというホールインワンだが、試合では初めての達成。「ピン筋にいっていたし、手ごたえはありました。でも、落ちたところまで見てティーを拾っちゃったので、入ったのは見ていないんです」。ホールインワン賞100万円をゲットし「使い道は特には考えていません。貯金かな」と照れ笑いした。

 今大会前、師と仰ぐ佐伯三貴から受けたアドバイスが快挙につながった。「スタンスが広いのとボールから遠く立ちすぎていたのを注意していただきました」。今週からアイアンを新しいものに替えたことも奏功した格好で「顔が好きで替えたんですけど、替えてよかったです」と手ごたえを口にした。

 98年生まれの黄金世代に属するが、今季はQTランク107位での参戦で、出場できる試合が限られる中、出場した2試合ともに予選落ちと苦しんでいる。仲がいい畑岡奈紗をはじめ、同期から大きな刺激をもらっているそうで「奈紗ちゃんはアメリカで戦っていてかっこいい。私も頑張ろうという力になります」と発奮材料にしている。

 鮮やかなエースでスコアを伸ばし、首位に1打差2位発進。同期に追いつく絶好のチャンス到来で「出られる試合は優勝を目指してやっています。今日のような攻めのプレーをしてどんどん伸ばしていけたらいい」。黄金世代10人目となる優勝へ攻撃の手は緩めない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス