文字サイズ

畑岡奈紗イライラ爆発54位後退…首位と14打差に

 14番でラフから第2打を放つ畑岡奈紗(共同)
1枚拡大

 「米女子ゴルフ・全米女子プロ選手権・第3日」(22日、ヘーゼルティンナショナルGC=パー72)

 53位で出た畑岡奈紗(20)=森ビル=は3バーディー、4ボギーの73で回り、通算5オーバー54位に後退した。横峯さくらも74で7オーバーに落とし、71位に下がった。ハンナ・グリーン(オーストラリア)が通算9アンダーで首位を守った。

 この3日間で最も風が穏やかだったが、畑岡はスコアを伸ばせなかった。アイアンショットがいまひとつ。2番でフェアウエーからの第2打を大きくショートさせてバンカーに入れ、3番パー5でも100ヤードもない第3打を再びショートさせてグリーン手前ラフへ。4番では10メートルを3パットして3連続ボギーにした。イライラを爆発させ、水のペットボトルをゴミ箱に投げ入れた。

 首位とは14打差に開いた。「気持ちの部分で今日は…。前日は我慢できていたが…。いいショットをしても悪いところに行ったり、クラブの選択ミスや風の読み違いもあった。バーディーを先行させれば流れに乗れると思うが」。メジャー初制覇の夢ははるかに遠のいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス