文字サイズ

男子ゴルフ、韓国リューが首位 今平ら3位、関西オープン第2日

 第2日、通算11アンダーで単独首位に立ったH・W・リュー=KOMA・CC
1枚拡大

 関西オープン選手権第2日(24日・奈良県KOMA・CC=7043ヤード、パー72)H・W・リュー(韓国)が67で回り、通算11アンダーの133で単独首位に立った。1打差の2位に63をマークしたスンス・ハン(米国)、さらに1打差の3位に昨季賞金王の今平周吾と、中西直人が続いた。

 通算8アンダーの5位は松原大輔と星野陸也。首位で出た藤田寛之は76をたたき、2アンダーの28位に後退した。イーブンパーまでの73人が決勝ラウンドに進んだ。(出場149選手=アマ24、晴れ、気温27・9度、西南西の風3・8メートル、観衆2007人)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス