文字サイズ

比嘉真美子の母・彰子さん「本当によかったね」 縁ある地元大会での晴れ姿に笑顔

 母親の彰子さん(左)とトロフィーを手に優勝を喜ぶ比嘉真美子
 3歳時、大会会場で母・彰子さんに抱かれて岡本綾子と記念撮影したポラロイド写真
2枚2枚

 「女子ゴルフ・ダイキンオーキッドレディース・最終日」(10日、琉球GC=パー72)

 首位から出た地元沖縄出身の比嘉真美子(25)=TOYO TIRES=が3バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの4オーバー76と崩れたが、通算5アンダーで逃げ切った。昨年4月のKKT杯バンテリンレディース以来の通算5勝目を挙げた。日本選手の優勝は2013年森田理香子以来6年ぶり。

 コースで娘の優勝を見届けた母・彰子さん(61)は「16番までヒヤヒヤでした。17番でバーディーパットが入って、これで大丈夫かなと」と安どの表情を浮かべた。比嘉は小学生時代から大会にボランティアで関わっていたと話したが、実は本人も覚えていない3歳の時にも来場。当時18番グリーンの裏で岡本綾子と一緒にポラロイド写真に収まっていた。縁のある地元大会での晴れ姿に、彰子さんは「本当によかったね、おめでとうと声を掛けてあげたい」と自分のことのように喜んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ゴルフ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ゴルフ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス