文字サイズ

松山、パット苦戦続き15位も前向き「兆し見える」

 「米男子ゴルフ・フェニックス・オープン・最終日」(3日、TPCスコッツデール=パー71)

 松山英樹(26)=LEXUS=は4バーディー、2ボギーの69で回り、通算9アンダーの15位だった。小平智は75と崩れて4オーバーの72位。リッキー・ファウラー(米国)が通算17アンダーで約2年ぶりの勝ち星を挙げ、ツアー通算5勝目を飾った。

 2年ぶりの3勝目を目指した得意の大会は、グリーンで苦しんだまま終わった。特に最終日は34パット。松山は「全然いいストロークができなかった。入らなくて当然」と悔しがった。

 パープレーで折り返して10番で2メートル、11番で8メートルのラインを読み切ったが、続く12番で3パット。流れをあっさり失い「パットが入らなければ、こういうスコアになっても仕方ない」と嘆いた。

 ただ「最後の4回はいい(ドライバー)ショットが打てた。この2週間はトップ20を外さなかった。少しずつ兆しは見えている」と珍しく前向きな自己評価も口にした。次は14日開幕のジェネシス・オープンに出場予定で「しっかり休んで、自信を持って打てるように練習したい」と話す表情に暗さはなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ゴルフ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ゴルフ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス