文字サイズ

ラグビーW杯 視聴率は39・2% 瞬間最高は53・7% スコットランドに勝利

 13日に日本テレビ系で放送されたラグビーワールドカップ2019「日本対スコットランド」戦の平均世帯視聴率が39・2%だったことが15日、分かった。(数字はビデオリサーチ日報調べ、関東地区)

 瞬間最高は53・7%で、午後9時41分、ラックから出たボールを山中が蹴り出し、日本代表が史上初めて決勝トーナメント進出を決めた瞬間だった。

 試合は福岡堅樹の2トライや、稲垣啓太の代表初トライなどがあり、28対21で勝利。前回のW杯で敗れた因縁の相手に勝利し、日本ラグビー史上初の決勝トーナメント進出をもぎとった。日本代表は20日に、南アフリカを相手に準々決勝を戦う。

 ラグビー日本戦は右肩上がりで視聴率が上昇。9月20日のロシア戦は18・3%、9月28日のアイルランド戦は22・5%。5日のサモア戦は32・8%で、今年放送の番組ではトップとなった。今回はそこからさらに6・4ポイントも上昇した。

 ちなみに昨年、高視聴率をマークしたスポーツ中継では6月19日のサッカーW杯ロシア大会「日本対コロンビア」(NHK総合)の平均48・7%、6月28日の同「日本対ポーランド」(フジ系)の44・2%などがある。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ラグビーW杯最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス