文字サイズ

ラグビー・カナダ代表 ナミビア代表、釜石市宮古市で土砂除去ボランティア活動

 ラグビーW杯カナダ代表が13日、台風19号の影響で土砂堆積などの被害を受けた岩手・釜石市内で土砂を除去するボランティア活動を行った。ラグビーW杯公式ツイッターがボランティアの模様を伝えており、ネット上では感動の輪が広がっている。

 13日に予定されていたラグビーW杯カナダ対ナミビア戦は台風19号の影響で中止に。戦わずしてB組最下位が確定したカナダ代表だが、現地に残り堆積する土砂除去のボランティア活動に参加した。

 ラグビーW杯公式ツイッターは、手作業でスコップを使い、泥をかき集める様子を画像と動画で紹介し「カナダ代表の誠意と思いやり溢れる行動に心から感謝します」とコメント。チーム一丸となりボランティアに取り組むカナダ代表の姿に「なんてステキな人たち」「この恩は忘れません!」とネット上で感動を生んでいる。

 一方、カナダの対戦国だったナミビア代表も滞在先の岩手・宮古市で「台風の被害を受けた市民を元気づけたい」とファン交流会を開催。ナミビア代表側から市に打診して実現したもので、交流会では写真撮影やサインに応じるなど被災者に勇気を与えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ラグビーW杯最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス