文字サイズ

ラグビーW杯、台風19号で2試合の中止を発表 13日の日本戦は当日朝判断

 ラグビーワールドカップ2019組織委員会と、競技の国際統括団体であるワールドラグビーが10日、都内で会見を開き、日本上陸が見込まれる台風19号を受けての対応を発表した。2試合の中止が発表された。現時点では中止と発表された試合に日本戦は含まれていない。

 席上で、12日に行われるイングランド-フランス(日産スタジアム)、ニュージーランド-イタリア(豊田スタジアム)の2試合が中止になると発表された。日本戦は含まれていない。

 また、同日に行われるアイルランド-サモアは開催されるとした。また、13日に行われる日本-スコットランドは準々決勝の進出チームを決める上で非常に重要なことから、統括責任者のアラン・ギルピン氏から「すべてのすべての手立てをうって、実施できるようにしたいと考えています」と発表された。

 ただ、もしも試合が開催できないと判断された場合は、12日開催分で中止になる試合と同じく、日本-スコットランドも中止となる可能性はある。これは全ての試合が「公平に扱われなければならない」(ギルピン氏)という理由からで、安全性を十分に見極めた上で判断するとしている。また、組織委員会の嶋津昭事務総長は、判断の時間について「原則はキックオフ6時間前までに状況を明らかに(する)。試合をやるかやらないか決めると、そういうのがルールとしてあります」とした上で、「最新の気象状況も見て、開催都市ともよく競技をした上で、できるだけ早い時間に発表したいと思っております」との見解を示した。

 日本-スコットランドは午後7時45分開始。また、台風の進路上にある釜石市でのナミビア-カナダは午後0時15分開始となっている。

 ラグビーW杯の1次リーグでは、予定されていた日に試合を始められずに中止になった場合、引き分けとなり、両チームに勝ち点2を加える。もしも13日に横浜市内の日産スタジアムで行われる日本-スコットランドで、このケースが適用されると日本の準々決勝進出が決まる、という状況だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ラグビーW杯最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス