文字サイズ

大相撲巡業 2年8カ月ぶりに復活 感染対策で土俵に上がるまでマスク力士!

 稽古に参加する力士も土俵下までマスクを着用する
 夏巡業で横綱土俵入りを行う照ノ富士(中央)
2枚

 大相撲の夏巡業が5日、東京・立川でスタートした。巡業開催はコロナ禍前の2019年12月以来2年8カ月ぶり。14日まで、関東の5カ所をまわる。

 コロナ下の初巡業で、感染対策も徹底。稽古では力士を少人数のグループに分け、土俵に上がるまでマスク着用を義務づけた。ファンとの触れ合いが魅力の巡業ながら、従来の握手会は撮影会に変更。ファンサービスも非接触型に切り替えた。

 新型コロナ関連とケガで幕内力士13人が休場したが、2200人の観衆が来場。取組やぶつかり稽古などで、大きな拍手を送った。

 巡業参加は大関陥落前以来という横綱照ノ富士(伊勢ケ浜)は「本当にひさしぶりの巡業。ファンがいての大相撲なので、お客さんたちを喜ばせられるように、自分なりに精いっぱい頑張っていきたい」と抱負。ファンとの触れ合いは制限されるものの「仕方がないこと。開催できたことは、一つでも二つでも前に進んでいっているのかな」と再開の意義を強調した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

スポーツ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(スポーツ)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス