文字サイズ

カーリング・松村、谷田組は韓国に完敗 通算1勝2敗に

 「カーリング・北京五輪世界最終予選」(6日、レーワルデン)

 混合ダブルスは日本の松村千秋(中部電力)、谷田康真(コンサドーレ)組がラトビアに8-2で勝利したが、韓国に4-7で敗れ、通算1勝2敗となった。

 北京五輪出場へ、松村、谷田組が流れをつかめなかった。7カ国中上位3カ国が突破する1次リーグで日本は通算1勝2敗。韓国戦では不利な先攻の第3エンドで2点をスチールする見せ場も作ったが、その後は苦しい展開が続き、敗れた。今大会は日本の試合が序盤に集中しているが、「いつ何試合あるかは気にしてない」と松村。「最初の方に試合ができているのは後々にもいいことがある」と前向きに挑む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス