文字サイズ

スケートボード・西矢椛は3位 五輪女王の貫録示した「いい一年」

 「スケートボード・ストリートリーグ最終戦」(14日、フロリダ)

 決勝が行われ、女子は東京五輪金メダルの西矢椛(14)=ムラサキスポーツ=が19・1点で3位に入り、2位だった10月の第2戦に続いて表彰台に立った。五輪銅メダルの中山楓奈(16)=ムラサキスポーツ=は大会直前の負傷が響き、14・0点で7位だった。パメラ・ロザが21・8点で今季初優勝した。男子は五輪銅のジャガー・イートン(米国)が初優勝。五輪覇者の堀米雄斗(XFLAG)ら日本勢は出場していない。

 東京五輪で金メダル獲得の決め手となった大技を鮮やかに決めた。西矢は一発技を競うベストトリックの4回目に「ビッグスピン・フロントサイド・ボードスライド」で8・0点。決勝全体で2番目のハイスコアをたたき出して貫禄を示した。終盤に神懸かったような滑りを見せたロザに逆転されても「(他の選手が)すごい技を持ってくるので、それを見ているのが楽しい」と屈託がない。勝利にこだわらない五輪女王は「すごくいい一年だった」とはじけるように笑った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス