文字サイズ

高木美帆「私好み」北京五輪の公式服装発表 スポーツウェアは赤ジャケット

 北京冬季五輪の日本代表選手団公式服装発表会でポーズをとる高木美帆(左)と田中佳子(代表撮影)
 北京冬季五輪の日本代表選手団公式服装発表会で披露された服装(代表撮影)
公式ウエアを着用した感想を語る高木美帆
3枚

 22年北京五輪開幕まで100日となった27日、北京五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式服装が発表された。デザインは今夏の東京五輪・パラリンピックに続き、五輪とパラリンピックで共通となった。

 式典・渡航用は紺色のジャケットにダークグレーのパンツ。胸元には新たに発表された「TEAM JAPAN」のエンブレムが入っている。

 また、公式スポーツウエアは鮮やかな赤のジャケットに、ライトグレーのパンツ。「防寒性・防風性は当然の機能として、体が温まった後の衣服内温度や群れの調整、動きやすい素材やカッティングなどの機能を盛り込み、競技に臨む選手のストレス軽減を目指して作成されました」としている。

 公式スポーツウエアのダウンジャケットを着用して登場したスピードスケート女子の高木美帆(日体大職)は「デザインも私好みでかっこいい。とても軽くて動きやすくて、何より温かい。冬季スポーツの私たちには申し分ないウエア」と絶賛。「たくさんの方々の支えがあって、思いも込められて1つ1つが作り上げられているんだと感じ、さらに身が引き締まる思い。これからシーズンが本格的に始まるけど、もっと頑張ろうと思った」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス