文字サイズ

萱和磨があん馬で銀メダル!「五輪メダリストのプライドがあった」南一輝も床で銀

男子種目別あん馬決勝で演技する萱和磨(撮影・中村太一)
男子種目別床運動決勝、演技を終えてガッツポーズする萱和磨
男子種目別あん馬決勝、演技を終えガッツポーズする萱和磨
3枚

 「体操・世界選手権」(23日、北九州市立総合体育館)

 種目別決勝1日目が行われ、男子あん馬では東京五輪銅メダリストの萱和磨(24)=セントラルスポーツ=が14・900点で銀メダルを獲得した。男子床運動では初出場の南一輝(21)=仙台大=が14・766点で銀メダルを獲得。金メダルのイタリア選手とはわずか0・034点差だった。萱は床では6位だった。

 萱は東京五輪で銅メダルを獲得したあん馬で冒頭、F難度の大技ブスナリをしっかり決めると、中盤負荷の高い移動技もしっかりとこなし、冷静に着地までまとめきった。

 「異様な雰囲気があった」と有力選手にミスが多発する中、“絶対に失敗しない男”の本領発揮。演技後は両腕を突き上げる形で代名詞のガッツポーズ。「やるべきことはやった。五輪メダリストのプライドがあった。五輪は狙ってとれたものではない。今回メダルを取れば、本物だと思っていた」と、胸を張った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス