文字サイズ

望月慎太郎「目標はトップ10入り」 テニス界期待の新星がプロ転向

 テニス男子で19年ウィンブルドン・ジュニア選手権で日本人男子として初制覇した望月慎太郎(18)=IMG=が21日、オンラインでプロ転向会見を行った。11月1日からプロ活動を開始し、ヨネックス社とアシックスと用具契約を結ぶ。

 望月は錦織圭(日清食品)らと同じ「盛田正明テニス・ファンド」のサポートを受けて12歳で米フロリダ州のIMGアカデミーに留学。異国の地で経験を積んできた。プロという新たなスタートラインに立ち「テニスで生きていく気持ちはある。たくさんのファンを作れる選手になりたい」と抱負を語った。

 現在は世界ランク391位。将来的には「トップ10に入りたい。一つ一つ積み重ねてできるだけ早くたどり着けたら」と着実に世界のトップへと駆け上がっていく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス