文字サイズ

白鵬の引退意向に横審 評価と苦言「見事な成績」「模範になる存在でないと」

 横綱審議委員会後、会見した矢野弘典委員長(右)と芝田山広報部長(日本相撲協会提供)
 横綱審議委員会後、会見した矢野弘典委員長(日本相撲協会提供)
2枚

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の定例会が27日、両国国技館で行われた。史上最多45回の優勝を誇る横綱白鵬(36)=宮城野=が引退届を提出する意向であることが、八角理事長(元横綱北勝海)を通じ、横審メンバーにも伝えられた。

 矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「横綱在任中の実績は45回の優勝を始め歴史に残るものがあった。今までの横綱の実績と比べて、本当に見事な成績を収めた」と実績を評価した。

 一方でエルボーまがいのかち上げ、張り差しなど取り口に横審は常に苦言を呈した。名古屋場所千秋楽のガッツポーズ、雄たけびを「見苦しい」と、切り捨てるなど、品格も問題視してきた。

 同委員長は「反面、粗暴な取り口、審判に対する態度、あるいは土俵外での振る舞いなどに目に余ることも多く、横審はそれらを都度、反省を求めてきた」と説明。最後まで横綱としての振る舞いには不満をあらわ。

 「やっぱり横綱という者はもっともっと大きな責任があるということ。自分1人が強くなるじゃなしに、相撲界を引っ張っていかないといけない。模範になる存在でないといけない。時々、苦言を申し上げてきたのですが、それはみんなの共通した思い」と、残念がった。

 協会に対しても「かち上げ、張り手に一般のファンにもわかりやすい説明をする必要があるのではないかと問題提起をいたしました」と明かした。

 白鵬には親方として弟子の育成をする際は改善に期待。「本来の相撲道というのをしっかり見つめ直して、それにふさわしい力士を育ててほしい。私どもが折りに連れて問題提起していたことをしっかり思い直して、それを含めて弟子に指導をやってくれると良いと思います。相撲に対する国民的な思いはこれは別格。他のスポーツのチャンピオンが引退するのとは様子が違う。相撲道とか武士道と言われる世界。ファンも国民も本人がどういう行動を取るかと言うことは今後も自然に注目していく」と言葉を送った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス