文字サイズ

男子バレー アジア4強進出 中垣内監督「東京五輪で自信、プライドを見せていく」

オーストラリアを破って準決勝進出を決め、選手とタッチを交わす中垣内監督(右)=千葉ポートアリーナ
日本-オーストラリア 第3セット、ボールを拾う大宅(中央)=千葉ポートアリーナ
オーストラリアを破って準決勝進出を決め、喜ぶ石川(左端)ら日本の選手たち=千葉ポートアリーナ
3枚

 「バレーボール男子・アジア選手権、日本3-0オーストラリア」(17日、千葉ポートアリーナ)

 2次リーグ最終戦が行われ、E組で世界ランク10位の日本は同32位のオーストラリアを3-0(25-23、25-17、25-23)で下した。1次リーグでカタールに勝利しており、対戦成績は持ち越されるため日本は2勝1敗で18日の準決勝進出を決めた。

 大きな1勝だ。前日の敗戦から悪い流れを断ち切る勝利で準決勝進出を決め、中垣内祐一監督は「なんとか勝つことができた。選手自身が今日に向けてしっかりとメンタルを整えて、しっかりと気持ちを持って今日は取り組めていた」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 采配が的中した。序盤はなかなかリズムがつかめなかったが、第1セット中盤の追いかける展開でセッターに大宅真樹(サントリー)、オポジットに大竹壱青(パナソニック)を投入。エースの石川祐希(ミラノ)らスパイカーの6連続得点につなげ、逆転で第1セットを先取した。

 その後も接戦が続いたが粘りの守備で流れを渡すことなくストレート勝ちを納めた。

 連戦で疲労もたまるが、アジアの頂点まで残り2戦。指揮官は「東京五輪で自信を得たので、そのプライドをこの大会で見せていくことが必要。最後まできっちり戦いたい」と力を込めた。

 今大会は16チームが参加。決勝は19日に行われ、上位2チームが来年の世界選手権(ロシア)の出場権を獲得する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス