文字サイズ

高木美帆「次は自分たち」 北京五輪へ「一番キーになるのがメンタル」

 スピードスケートのナショナルチームが14日、長野県の菅平高原で合宿を公開した。22年北京五輪シーズン開幕を前に、18年平昌五輪で金銀銅3つのメダルを獲得した女子の高木美帆(日体大職)は「東京五輪が終わったことで、急に周りの空気も冬にシフトチェンジされたなって感覚もあった。気が引き締まる感覚を持ったりもした」と話した。

 自国開催の祭典が閉幕し「アスリートとしていろいろ感じた面と、一国民としてスポーツってやっぱりいいなって感じる部分もあった」と高木美。「次は自分たちだな」と、シーズンインへ向け覚悟が決まったという。

 北京五輪へ「勝ちにいく滑りをあの場でできるように取り組みたい」といい「一番キーになるのがメンタル」と課題を挙げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス