文字サイズ

五輪組織委・橋本聖子会長が総括「安全を実現。コロナ禍初の世界規模イベント、誇りに」

 記者会見する東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長=6日午前、東京都江東区
 橋本聖子氏
2枚

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長、武藤敏郎事務総長が大会全日程終了から一夜明けた6日、メーンプレスセンター(MPC)で総括会見を行った。

 コロナ禍で緊急事態宣言下での異例の大会。橋本会長は累計100万件の検査と、プレーブック(規則集)によって、「五輪、パラリンピックを通じて、安全最優先の大会を実現し、大きな問題なく大会を開催できた」と評価した。最新の世論調査では7割が「開催してよかった」という声があったとし、「パンデミック後、世界初のグローバルイベントをしっかりと開催し、パリへバトンを繋げたことを誇りに思います」と、胸を張った。

 この日、パラリンピック関係者で新たに6人の感染が判明し、パラリンピック全体での感染者は313人に。7月1日以降の五輪を含めた大会累計感染者は865人だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス