文字サイズ

荒磯部屋始動“仮住まい”筑波大から卒業部屋開き“IT×相撲”で強豪力士育成へ

 大相撲の荒磯親方(35)=元横綱稀勢の里=が1日、田子ノ浦部屋から独立し、茨城県に創設した「荒磯部屋」の部屋開きを行った。現在は“仮住まい”で同県筑波大学内の稽古場を使用。新部屋は出身地の同県牛久市に近い、阿見町に建設中で、来年夏場所後の完成を予定している。

 師匠としての第一歩。初稽古は4人の弟子と一緒に自らもまわしを締め、土俵に下りて胸を出した。稽古後はリモート取材に対応し「気合が入ってしまった」と序二段の西原を指名し相撲を取るなど、テンションが上がったことを明かした。

 筑波大とは相撲を科学的に追究する共同研究の話も進んでいる。「IT系の施設がすごい。立ち合い、体の動き、呼吸など科学的に新しく取り入れ、強い力士を育てる」と意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス