文字サイズ

五輪目指す選手「別枠」ワクチン優先接種に葛藤「国民の方々を優先してほしい」

 演技に向かうフェアリージャパンPOLA(撮影・堀内翔)
 東京五輪テスト大会に登場したフェアリージャパンPOLA(撮影・堀内翔)
 東京五輪テスト大会に出場したフェアリージャパンPOLA(撮影・堀内翔)
3枚

 国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪に参加する各国の選手団への提供を発表した米ファイザー社製の新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、開催国・日本の選手たちが8日、葛藤を吐露した。日本オリンピック委員会(JOC)はファイザー社から各国に配布されているワクチンとは「別枠」とし、日本選手団への接種を要請している。

 この日、有明体操場でテスト大会に参加した新体操日本代表「フェアリージャパンPOLA」の杉本早裕吏主将は複雑な思いを明かした。「やっぱり国民の方々を優先してもらいたい。私たちはどうすることもできない。もし(接種)していただけるなら、感謝を忘れず五輪に向かっていきたい」と、言葉を選びながら明かした。

 9日に国立競技場で行われる陸上のテスト大会を控え、前日会見に臨んだ女子1万メートル代表の新谷仁美(積水化学)は「自分が打たないことで、周りに危険が及ぶなら打ちます。でも、打ったことでの症状(副反応)は異なっているので、正直なところ恐怖もあって。症状がどう出るか分からないので、打ちたくない気持ちはある」と、思いを語った。

 日本ではワクチン接種に遅れが出る中、「五輪特権」との批判もある。「アスリートだけが特別というふうな形で聞こえてしまっているところが非常に残念。どの命にも大きい、小さいはない。優先順位をつけること自体おかしな話だと思う。どの命も平等に守らないといけないので、そこは平等に考えて欲しい」と、語った。

 男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)は「どういう発言をするべきか、迷っている自分がいる。自分の意思をもって発言できるようにしたい」と、思いを巡らせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス