文字サイズ

朝乃山、大関対決制し“夏連覇”へ自信 正代に寄り切り10勝5敗「あとは結果次第」

 大相撲夏場所(5月9日初日、両国国技館)に向けた合同稽古が22日、両国国技館内の相撲教習所で打ち上げられ、朝乃山(27)=高砂=が正代(29)=時津風=との大関対決を10勝5敗で締めた。得意の右四つで何度も盤石の寄り切り。「力を出し切った」と、充実感があふれた。

 初日も12勝3敗と圧倒し、3日ぶり“再戦”で返り討ち。「しっかり右四つを身に付けて初日に向かいたい。あとは結果次第」と自信をあふれさせた。

 19年に初優勝した夏場所は20年、新型コロナの影響で中止。2年ぶり開催で“夏連覇”に期待がかかる。「15日間、精いっぱい力を出し切ってお客さんが喜ぶような相撲を見せたい」と大関初Vへ意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス