文字サイズ

羽生結弦「みんなの力になれる演技を」松山&池江に感銘!異例のシーズン有終の誓い

 世界ランキング上位6カ国・地域で争われるフィギュアスケートの世界国別対抗戦が15日、丸善インテックアリーナ大阪で開幕する。14日は公式練習が行われ、男子で五輪2連覇の羽生結弦(26)=ANA=は「みんなの力になれる演技をしたい」と誓った。コロナ禍で迎えた異例のシーズン。今季最終戦を充実の演技で締めくくる。

 日本へ、世界へ、届けたい。だから羽生はリンクに立つ。世界選手権から帰国し、14日間の待機期間を終えて迎える今大会。夢のクワッドアクセル(4回転半)挑戦は「このスケジュールで、さすがに挑むのは無理かな」と否定的だが、だからこそ「何かしら、誰かの中に残る演技をすべきだと思ってここにいる」と力を込めた。

 羽生も“誰か”に心を動かされながら今大会を迎えた。まず男子ゴルフの松山。マスターズを制し「おめでとうとか、すごいですねとかそういう言葉ではなく、日本ゴルフ界に、松山英樹さんという方がいたという証しを残したんだと思う」と感銘を受けた。松山は仙台市の東北福祉大出身。「すごく誇らしい」と喜んだ。

 また競泳女子で、白血病発覚から2年2カ月で五輪代表入りを果たした池江についても「池江選手だからこそ感じた苦痛、悲しみ、喪失感…。そういうものを感じた日々は、絶対に努力につながっていると思う」。夏へ「ぜひ自信を持って五輪に向かってほしい」とエールを送った。

 スポーツの持つ力。それを羽生はよく知っている。「僕は演技で何かを残すことが絶対できると思うので、というか残したいので。みんなの力になれる演技をしたい」。今度は羽生の番だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス