文字サイズ

東京五輪・パラ代表選手のワクチン優先接種検討 JOC「現時点では何も聞いていない」

 日本オリンピック委員会(JOC)は8日、政府が東京五輪・パラリンピックに出場する日本代表選手を対象に、新型コロナウイルスワクチンの優先接種を可能とする方向で検討に入ったことについて、「現時点では何も聞いていない。接種スケジュールは政府が決めること」と、話した。

 優先接種については政府関係者が7日、明らかにしたもので、6月下旬までに2回の接種を終わらせる日程を想定している。今後、日本オリンピック委員会(JOC)や日本パラリンピック委員会(JPC)などとの調整を本格化させる見通しとなっている。政府はワクチンの優先接種の順位を、医療従事者、高齢者、持病のある人と定めている。五輪代表選手に接種する場合、今月12日から開始する高齢者分が終了する前に接種を開始することになる可能性が高い。

 国際オリンピック委員会(IOC)はワクチン接種を義務づけていない一方で、接種しての大会参加を奨励しており、一部の国がすでに選手への優先接種を表明している。

 ただ、日本においては接種スケジュールの遅れが見込まれており、世論の反発を招く可能性がある。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス