文字サイズ

大相撲 2020年春場所以来の地方開催へ 全協会員PCR検査実施を予定

 日本相撲協会は1日、理事会を開き、名古屋場所(7月4日初日、ドルフィンズアリーナ)開催に向け準備することを確認した。新型コロナウイルスの影響で2020年3月の春場所以来の地方場所となる。両国国技館は東京五輪のボクシング会場となるため、理事会では「(7月場所は)国技館が使えない」と説明された。

 1日の入場者上限を収容人数の半数となる3800人とする。現時点で全協会員が名古屋場所を前にワクチン接種を終え、名古屋入り前に東京でPCR検査を受ける予定。

 夏場所(5月9日初日、両国国技館)は春場所を踏襲し、1日上限5000人で開催する。

 また、1日付で峰崎部屋所属力士らの芝田山部屋への転属が承認された。師匠の峰崎親方(元幕内三杉磯)が5月11日に定年となるため部屋が閉鎖される。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス