文字サイズ

厚底に負けて厚底で勝った…松田瑞生「鍛え直した」対応ボディー奏功

 表彰式で金メダルを手に笑顔を見せる松田瑞生(撮影・高部洋祐)
ゴール後、感極まった表情を見せる松田瑞生=バンテリンドームナゴヤ(撮影・高部洋祐)
 ゴール後、タオルで涙をぬぐう松田瑞生(撮影・高部洋祐)
3枚

 「名古屋ウィメンズマラソン」(14日、バンテリンドームナゴヤ発着)

 東京五輪代表補欠の松田瑞生(25)=ダイハツが、2時間21分51秒で初優勝(記録は速報値)した。持ち前の力強い走りで22キロ過ぎからは一人旅。昨年1月の大阪国際女子マラソンで出した2時間21分47秒の自己記録にはわずかに及ばなかったが、厳しい強風の中での力走だった。

 松田は、昨年1月の大阪国際を自己ベストで優勝。東京五輪代表へ名乗りを上げたが、同年3月の名古屋で一山麻緒(ワコール)に記録を更新され、代表補欠となっていた。

 この日はマラソンで初めてナイキの厚底シューズを使用。昨年の大阪国際などこれまでは他社の薄底シューズを使用していたが、各選手が厚底で記録を伸ばしていることから、「(ナイキの)アルファ(フライ)で負けたのでアルファで勝ちたかった。アルファを履いて、進み具合が違うと実感した」と新たな挑戦を決断した。

 一方で、靴への対応のため、体づくりに力を注いだことも明かした。「駅伝でアルファを履いて腰を痛めたので、アルファに負けない体をつくるため鍛え直した。(1カ月で)40キロ走を2回したが、最初は薄底で土台をつくってからアルファを履くようにした。練習では4、5回しかアルファは履いていない」と、厚底による負担への強化策が奏功したという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス