文字サイズ

マラソン女子・東京五輪代表補欠の松田瑞生、目標は「過去の自分を超えて優勝」 男子日本新の鈴木健吾

 会見で意気込みを語る松田瑞生(代表撮影)
 記者会見でポーズをとる(左から)佐藤早也伽、小原怜、松田瑞生、岩出玲亜(代表撮影)
2枚

 名古屋ウィメンズマラソン(14日・バンテリンドームナゴヤ発着)に出場する招待選手が12日、名古屋市内で会見を行った。東京五輪代表補欠の松田瑞生(25)=ダイハツ=は「過去の自分を超えて優勝すること」を目標に掲げた。

 松田は、昨年1月の大阪国際女子マラソンで自己ベストとなる2時間21分47秒の好タイムを記録。東京五輪代表まであと一歩となったが、昨年大会で一山麻緒(ワコール)が松田のタイムを上回り、代表補欠となった。悔し涙を流してから1年。「負けたことで、また勝つためには何をすればいいかを考えたけど、それ以上にスタートラインに立つことが怖くなった」。それでも、「今回のレースで結果を残して、『競技を続けてよかったな』と思えるようなレースにしたい」と快走を誓う。

 また、2月に行われた男子のびわ湖毎日マラソンで鈴木健吾(富士通)が日本記録を更新。松田は「健吾は友達なので、すごくうれしい気持ちもあった。自分ももっと頑張らないとという強い気持ちを与えられた」と刺激を受けたことを明かし、「周りがあっと驚くような走りを自分もしたい」と意気込んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス