文字サイズ

萩野公介、五輪代表選考会へ好感触「久しぶりにワクワク、さらに良くなる楽しみな気持ちある」

 「競泳・東京都シニア春季記録会」(4日、東京辰巳国際水泳場)

 16年リオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(26)=ブリヂストン=は200メートル個人メドレーで1分57秒68をマークし、東京五輪の派遣標準記録(1分57秒98)を突破した。100メートル背泳ぎは54秒70。

 五輪代表選考会を兼ねた4月の日本選手権(東京アクアティクスセンター)へ向けた調整レースを終え、萩野が大きな手応えを得た。「刺激を入れる意味合いで臨んだけど、大会を終えて、自分で思っていたよりトレーニングを積めているし力になっている。新たな可能性が見えた。久しぶりにワクワクした気持ち、さらに良くなる楽しみな気持ちもある」と振り返った。

 4日の200メートル背泳ぎは19年世界選手権銅相当。「予想以上」(平井コーチ)の好タイムに新たな可能性も感じた。「僕自身、自分の結果に勇気をもらったし純粋にうれしかった」と萩野。

 日本選手権のエントリーについては「軸は個人メドレーにおいて、色んな可能性を考えチャレンジしたい」。2月に不調気味だった400メートル個人メドレーを含め幅広くエントリーし、出場種目は今後熟考する方向性を示唆。「悔いない準備をして、自信を持って臨みたい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス