文字サイズ

照ノ富士 大関奪還「今場所で決める」史上最大V字復活2桁星なら当確

 日本相撲協会は1日、大相撲春場所(14日初日、東京・両国国技館)の番付を発表した。2度目の大関とりに挑む照ノ富士(29)=伊勢ケ浜=が都内の部屋からオンライン会見し、「今場所で決める」と宣言した。特例規定(陥落翌場所、2桁勝利で大関復帰)によらない大関再昇進となれば、77年初場所後の魁傑以来、44年ぶり2人目の偉業。大関→序二段→大関の史上最大返り咲きは2桁勝利なら当確だ。

 照ノ富士が待ち望んできた大関奪還に挑む。「やっと近づいてきた。本当にこの日が来たらと思っていた」と気持ちを高ぶらせた。最近2場所で24勝を挙げており、三役で3場所計33勝の昇進目安クリアへ9勝。2桁星なら文句なしだろう。

 「今場所で決めとかないと。また最初からということになる。取りあえず33勝は達成しないと始まらない」と、一気に決める。

 前回は15年夏場所後に大関昇進。両膝の負傷などで17年秋場所後、大関から陥落。内臓疾患も重なり序二段まで降下し、復帰したのは19年春場所だった。

 再び大関とりまで丸2年の期間を「予定通り。(今は)冷静にやれている」とキッパリ。序二段から大関返り咲きとなれば、史上最大のV字復活となる。

 困難をともに乗り越えたドルジハンド夫人と2月11日に都内で結婚式を挙げた。結婚はすでに3年前にしていたが大勝負を前にケジメ。「相変わらず支えてもらっている」と愛妻には結果で応えるつもりだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス