文字サイズ

白鵬、幕内阿武咲相手に20勝10敗 進退懸けた春場所へ2日間で60番の追い込み

 阿武咲(左)の押しをしのぐ白鵬(代表撮影)
 押し込む阿武咲(左)を下から攻める白鵬(代表撮影)
 阿武咲(左)を攻め立てる白鵬(代表撮影)
3枚

 大相撲の合同稽古最終日が25日、東京・両国国技館内の相撲教習所で行われ、横綱白鵬(35)=宮城野=が幕内阿武咲(阿武松)を相手に30番取って20勝10敗だった。年明けに新型コロナウイルスに感染し、初場所を全休。進退を懸けての出場となる春場所(3月14日初日、東京・両国国技館)へ、2日で60番と追い込んだ。

 前日は幕内若隆景(荒汐)を指名し30戦全勝。「まあ出遅れた分ね、それを考えて2日間、臨みましたから」と、合同稽古は2日のみの参加ながら充実の打ち上げとなった。

 押し相撲の阿武咲相手に押し込まれながらも多彩な技で逆襲。激しい押しで応戦し、反応を確認した。一方で圧力をまともに受け、防戦となる場面も少なくなかった。

 「離れた時の感覚とかね。またやっぱり骨があるというか勢いがありますし、若手の1人でもありますしね。まあ押させる、というかそういう稽古ができたのかなと思いますね。そうすると、やっぱり土俵勘というかね、そういったものが必要とされますし、戻ってきますけどね。組んで離れて、押して押させて、そういう内容だと思いますけど」と、いろいろ試しながらの稽古。左手をかざす立ち合いも見せ、「ちょっと後の先を意識して10番、やってみましたけど」と、説明した。

 阿武咲に押し出された時に笑みも出た。「その辺が私の相撲勘もまだ鈍っている部分もあるし、出るところで出なかったり、圧力かけるところで圧力かけられなかったり、そういう私の失敗というところでうまく反応したというのが素晴らしいと思うんですけど。まあ、そこで苦笑いだね(苦笑い)。まあ自分に対してだけどね」と、振り返った。

 感染後、10日近く入院し、体力は落ちた。3月11日には36歳となる肉体、相撲勘の回復はまだ途中。合同稽古に合流できたことが、まずは大きな前進だ。「まあ稽古できると思わなかったんでね。やっぱり来てみてこう、雰囲気、環境変えて雰囲気を味わったところで、やっぱり体がこう自然と温まってるうちに、数番やろう!とね、なったわけですけど。来てよかったと思います。上出来だと思いますね」。目指すは昨年春場所以来1年ぶり、復活の45度目優勝のみだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス