文字サイズ

コロナ感染の九重親方「千代魂」で重症肺炎乗り越えた 一時は生死の境も

 大相撲初場所中に新型コロナウイルスに感染した九重親方(44)=元大関千代大海=が18日、感染後始めて電話取材に応じ、肺炎にかかり重症だったことを明かした。九重部屋では幕内千代翔馬、十両千代鳳ら計16人が集団感染し、初場所を部屋全員が全休した。

 後遺症もなく、回復したものの、話せるようになったのは10日ほど前。「それまで声も出ない。10秒しゃべったら5分くらいせきをする。肺が真っ白になって」と深刻だった。

 1月20日に入院した際、夫人に病院から「3日が勝負」と告げられた。「3日間、酸素濃度が下がったら危ないと言われた」と生死の境だった。「(喫煙者は)コロナの終わりかけに肺炎になる。そこで亡くなる人もいる」と恐怖を実感した。

 コロナを乗り越えた九重部屋は15日に東京都墨田区から同葛飾区に移転した。先代師匠(元横綱千代の富士)の優勝額を1枚譲り受け、新たな部屋の正面玄関に飾った。「千代の富士道場。力士たちにも脈々と受け継いで、千代魂です」と親方。心機一転、新生九重がスタートした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス