文字サイズ

瀬古氏 代表選手を「優しい目で見て」 びわ湖毎日マラソン、中村匠吾ら招待選手発表

 びわ湖毎日マラソン(28日・大津市皇子山陸上競技場発着)の大会事務局は9日、オンラインで会見を行い、招待選手を発表した。東京五輪代表の中村匠吾(28)=富士通=を始め、18年アジア大会金メダリストの井上大仁(三菱重工)らが名を連ねた。

 会見に出席した瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(64)は中村について、ニューイヤー駅伝後に体調を崩したことを明かし「完璧ではないということで、あまり期待しないでいただきたい。過度な期待を持たれても困るので、本人が言うのではなく、われわれが彼のプレッシャーを緩めてあげたい」と話した。

 東京五輪延期に伴い、緊張感が続く代表選手ら多くが体調を崩していることに「(代表選手に)目に見えない疲れがあるんだなと。それにコロナも加わってストレスもたまっていると思う」と言及。その上で「びわ湖マラソン、楽しみはあると思いますが、オリンピック代表選手に対しては優しい目で見ていただきたい」と“お願い”した。

 また、同大会は今大会を最後に大阪マラソンと統合される。瀬古氏は「最後のびわ湖にふさわしい選手がそろった。無くなるのはさみしいけど、伝統を継いで来年度以降、大阪でもやっていっていただきたい」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス