文字サイズ

野口みずきさんから「日本記録保持者として聞きたい」一山麻緒と前田穂南に質問

選手に質問する野口みずき氏=大阪市内のホテル(撮影・高部洋祐)
 会見後、記念写真に納まる(左から)岩出玲亜、一山麻緒、前田穂南、萩原歩美(撮影・高部洋祐)
2枚

 大阪国際女子マラソン(31日・ヤンマースタジアム長居発着)に出場する東京五輪代表の一山麻緒(23)=ワコール)、前田穂南(24)=天満屋=ら有力選手が29日、大阪市内で会見した。

 野口みずきが05年9月のベルリンで樹立した2時間19分12秒の日本記録更新への期待がかかる今大会。川内優輝(33)=あいおいニッセイ同和損保=を含めた男子3人がペースメーカーを務める。

 大会当日にテレビ解説を務める野口さんも質問に立ち「日本記録保持者として興味があって聞きたい。日本記録を目指している前田選手と一山選手に質問します」と、注目の2人を指名。「日本記録を狙うにあたって、一番自信が持てた練習はどの練習か。最後の仕上げの調整をしたと思うが、できれば練習内容を聞かせてほしい」と投げかけた。

 これに対して、一山は「レースに向けて1カ月ぐらいは、本当にレースペースでの練習が多かった。設定タイムがあるけど、設定タイムにもう少し届かない練習がちらほらあった。一番手応えがあったのは、20キロをレースペースで走ったとき、あまり自信がない中で走った割には走れたこと」と答えた。

 前田は「スピードは後半の練習になるにつれて上げていっている感じだった。合宿前半は走れないときの方が多かったので、ペースも落とした設定だったりした。ポイント練習も、大事なときに風が強かったりしたので、思うように後半にスピードが上げきれなかったりした。当日に走ってみないと分からない」と説明した。

 今大会は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、従来の大阪市内を巡る公道を使ったコースではなく、長居公園内を約15周(1周2・8キロ)するコースで行われる。周回コースでの実施は大会史上初めてで、記録は公認される。

 一山は、日本歴代4位の2時間20分29秒で優勝して五輪代表を決めた昨年3月の名古屋ウィメンズ以来、10カ月ぶり5回目のフルマラソン。前田は、優勝して五輪代表を手にした一昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)以来、1年4カ月ぶり7回目のフルマラソンになる。前田の自己ベストは2位だった18年1月の大阪国際での2時間23分48秒。

 両者のフルマラソンでの対決はMGC以来で、優勝した前田に対して一山は6位だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス