文字サイズ

新十両の貴健斗 大関貴景勝の言葉でネガティブ乗り越えた

オンラインで新十両昇進会見を行った貴健斗(右)。左は常盤山親方(日本相撲協会提供)
オンラインで新十両昇進会見を行った貴健斗(日本相撲協会提供)
オンラインで新十両昇進会見を行った貴健斗(日本相撲協会提供)
3枚

 大相撲春場所(3月14日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議が27日に行われ、新十両に昇進した貴健斗(24)=常盤山=が都内の部屋でオンライン形式で会見した。「リモートが一番緊張しています」と、慣れない会見に苦笑い。

 入門から7年かけての昇進に「自分は精神面が未熟だったので成長に時間がかかった。ネガティブなところがあって、そういうところも乗り越えてきている」と語った。

 熊本県八代市出身、小学5年時に、地元クラブで相撲を始めた。鳥取城北高に進学し、1学年上に逸ノ城(湊)がいた。3年時に主将として団体優勝。貴乃花部屋に入り、14年初場所で初土俵を踏んだ。前相撲から6場所目で幕下に上がった。

 だが、左膝の負傷もあり、幕下通過に37場所を要した。精神面が変わったのは部屋の大関貴景勝(24)の言葉だった。

 2年程前に「上がるのに2年と決めて目標を立ててしろ」と言われ、覚悟を決めた。「それで調子が良くなった。ネガティブも減って相撲に集中」と、昨年初場所から6場所連続で勝ち越した。

 先代師匠の貴乃花親方から「突いていけ」と言われ、そこから突き押し相撲一本を磨いた。「引いたりしない、まわしを取って四つにならない」と心がけて成長してきた。

 新年から部屋名が変更された新生・常盤山部屋でいきなりの関取誕生。師匠の常盤山親方(元小結隆三杉)も「(貴健斗は)本当によく頑張っている。本人の気持ちが強くなった。何でもコツコツやる、それがこの結果につながった」と目を細めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス