文字サイズ

高校フィギュア 鍵山優真が合計262・07点で初優勝「素直にうれしい」

力強い演技で初優勝を果たした鍵山優真
男子フリーを演技する鍵山優真=長野市ビッグハット
2枚

 「フィギュアスケート・全国高校選手権」(23日、ビッグハット)

 男子フリーが行われ、22日のショートプログラム(SP)で首位に立った鍵山優真(17)=星槎国際高横浜=が173・16点をマークし、合計262・07点で初優勝を果たした。2位は佐藤駿(埼玉栄高)が合計245・81点、3位は本田ルーカス剛史(滋賀・綾羽)が合計219・41点だった。

 鍵山は冒頭の4回転サルコーをきれいに決めると続く4回転トーループ-2回転トーループの連続ジャンプも着氷しリズムに乗った。しかし、後半の3回転ルッツで転倒。2021年初勝利に「素直にうれしい」と喜びつつも「ノーミスで行きたいと臨んだけど、後半ちょっと疲れがでてミスがでた。悔しい」と顔をしかめた。

 今季はシニア1年目ながらNHK杯で初出場ながら優勝。全日本選手権では3位に食い込み世界選手権(3月、ストックホルム)代表に初選出されるなど結果を残している鍵山。21年は「新たな技や挑戦がたくさん増えてくる。4回転を1種類増やしたい。どのジャンプを入れるかは決めていないけどいつでも入れられるように準備したい」と新たな4回転ジャンプ習得で、レベルアップを誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス