文字サイズ

伊藤美誠2年ぶりV王手 盟友・早田ひなとのフルゲーム制し、石川佳純と決勝

準決勝で早田ひな(手前)と対決する伊藤美誠=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・北村雅宏)
ポイントを奪い、ガッツポーズを決める伊藤美誠=丸善インテックアリーナ大阪(撮影・高部洋祐)
2枚

 「卓球・全日本選手権」(17日、丸善インテックアリーナ大阪)

 女子シングルス準決勝が行われ、18、19年大会女王で東京五輪代表の伊藤美誠(20)=スターツ=が、前回覇者の早田ひな(20)=日本生命=を4-3で下した。2年ぶり3度目の優勝に王手を懸け、決勝は石川佳純(27)=全農=と対戦する。

 3年連続で準決勝での顔合わせとなった盟友対決は、昨年同様フルゲームの接戦となったが、伊藤に軍配が上がった。2-3とリードされていたが追いつくと、最終ゲームは11-8で制し、前回敗れた雪辱を果たした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス