文字サイズ

東京五輪代表・中村匠吾 2月のびわ湖毎日マラソン出場表明「勝ちにいく」

 東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾(28)=富士通=が15日、オンラインで会見し、次戦のフルマラソンとして2月28日のびわ湖毎日マラソン(滋賀・皇子山陸上競技場発着)に出場することを表明した。

 フルマラソンは、優勝して東京五輪代表を決めた昨年9月のマラソングランドチャンピオンシップ以来。「MGCを走って1年半。少し間隔が空いてしまったので、五輪に向けてここで一本、感覚を取り戻したい思い。しっかりびわ湖で勝って、五輪に勢いをつけたい。勝ちにいきたいと思っている」

 中村にとってびわ湖毎日は18年に初マラソンとして挑戦し、2時間10分51秒で日本人トップの7位に入った。5回目のフルマラソンとなる今回の目標には優勝を掲げ、タイムについては「最低でも自己ベスト(2時間8分16秒)」と言い切った。

 また、5月5日に札幌で行われるハーフマラソンのテストイベント出場についても、前向きに検討していることを明らかにした。五輪イヤーの初レースは1月1日の全日本実業団対抗駅伝(群馬)になる見込み。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス