文字サイズ

競泳 女子100m自由形で2人が同タイム、同着優勝

女子100メートル自由形決勝 同着1位で優勝を決めた酒井夏海(左)と大本里佳=東京アクアティクスセンター(撮影・堀内翔)
女子100メートル自由形決勝 同着1位で優勝を決めて金メダルを2人で手にする酒井夏海(左)と大本里佳=東京アクアティクスセンター(撮影・堀内翔)
2枚

 「競泳・日本選手権」(5日、東京アクアティクスセンター)

 女子100メートル自由形決勝が行われ、54秒64の同タイムで2選手が同着優勝した。

 酒井夏海(スウィン美園)と大本里佳(ANAイトマン)で激しいデッドヒートの末にゴールした。

 場内インタビューで酒井は「まさか同着だとは思わなかったんですけど、100m自由形で初めて日本選手権に出て、初めて優勝できたので、すごくうれしいです」。大本も「勝ちたいっていう思いで泳いでいたので、1位って見えたんですけど、同着だったので少しびっくりしました」と驚いていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス