文字サイズ

内村航平「偽陽性」振り返る「絶対嘘だと思った 1~2%の確率ひいちゃうんだと…」

 「体操・日米中露4カ国国際交流大会」(8日、代々木第一体育館)

 新型コロナウイルスの感染拡大による東京五輪延期後、日本国内で初となる五輪競技の国際大会に出場する体操男子の内村航平(31)=リンガーハット=が7日、オンライン会見を行った。直前合宿中のPCR検査で「偽陽性」が出るアクシデントはあったが、この日の鉄棒の練習ではH難度ブレトシュナイダーを決めるなど、万全の状態を示した。

 会見では「2年ぶりの国際大会で、すごく戻ってきた感があります。東京五輪のために試合が積めていなかった。五輪に向けてのステップアップの1つの試合。すごく特別な意味を持った大会だが、僕の中では五輪に向けた1つの通過点。五輪に向けて絶対に成功させないといけない大会」と、意気込んだ。

 大会では五輪に向けて専念している鉄棒のほかに、床、あん馬、跳馬にも出場する予定。「できる限り試合の感覚を掴んで、鉄棒に挑みたい」と、説明した。

 「偽陽性」については「最初に陽性って言われた時は“絶対嘘だ”と思った。感染経路が不明で疑いを持っていました。その前にPCRの説明を聞いていた時に『偽陽性(ぬれぎぬ)』って書いてあって、『これ1番嫌なやつじゃないですか』って質問してたんです。自分がなって、ありえるんだなと。1~2%って調べたし、その確率をひいちゃうんだと」と、苦笑いで振り返った。その上で「『偽陰性』の方が確率が高くて30%ある。そっちの方が怖いと思う。陰性だと調べることもできないので」と、分析した。

 そして「(陽性が)出てしまうとこれだけ色んなところに影響があると知れた。この普通じゃない状況の中で、いかに普通にできるかが大事。いい経験になった。普通じゃない状況を楽しめている自分がいることを知れた」と、うなずいた。

 内村は合宿中の10月28日に行った検査で陽性反応が出たが、その後、30日に3カ所の病院で検査を受けた結果、すべて陰性。大会医師団は31日に「偽陽性」と結論付け、陽性判定は取り消された。合宿で利用していたNTCの体操場は一時利用と中止となったが、1日から再開。内村も同日午後から練習を再開していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス