文字サイズ

桐生祥秀×大橋悠依 母校・東洋大で同級生対談!中学校が隣同士「表彰式で一緒に…」

 陸上男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(24)=日本生命=と、競泳女子の大橋悠依(25)=イトマン東進=が25日、オンラインで行われた母校・東洋大のWebホームカミングデー内で対談(7月22日に収録)した。

 同学年で滋賀県彦根市出身の2人は中学校が隣同士の“ご近所さん”。桐生について大橋は「中学3年の時、全国中学大会の彦根市の表彰式で一緒になって金メダルをとった人がいると知った」と当時を振り返った。しかし桐生は「中学の時のことを忘れていた」と告白。大学で再会した際に大橋に「はじめまして、ってあいさつした。めっちゃ失礼」と笑いながら思い出を語った。

 新型コロナの影響で東京五輪が1年延期となったが、桐生は「(延期を)思ったより早く聞いたので、来年に向けての段取りを考える時間があった」と前向き。大橋も「金メダルを狙うには時間が足りないかもと思っていた。(五輪で)納得できるレースをするためにこの1年頑張っていく」と成長を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス