文字サイズ

順天堂大・林奈海、女子1万メートル競歩優勝 五輪は「夢じゃなく目標」

 「陸上・日本学生対校選手権」(12日、デンカビッグスワンスタジアム)

 女子1万メートル競歩が行われ、19年日本選手権20キロ競歩で3位の林奈海(順大)が48分03秒37で優勝した。

 「昨年2位になったときから優勝を狙っていた」とゴール時には両手を高く突き上げてうれしさを爆発させた。

 3月には同級生の藤井菜々子(エディオン)が五輪代表に内定。「高校のときからずっと追いかけている。すごく刺激になる。藤井も『刺激になるよ』と言ってくれている」とライバルの存在の大きさを明かす。

 今大会は1万メートルだったが、「20キロを歩けないと世界では戦っていけない。20キロも通用するように練習を積んでいきたい」と藤井。「オリンピックを狙いたいと、夢だけじゃなくて目標として捉えられている」と見据えるのは世界の舞台だ。まずは出場権獲得のため、さらなるレベルアップを図る。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス