文字サイズ

五輪代表の池田向希が大会新でV 来夏へ「もっと強化」インカレ1万メートル競歩

 ゴールする池田向希=デンカビッグスワンスタジアム(撮影・堀内翔)
2枚

 「陸上・日本学生対校選手権」(12日、デンカビックスワンスタジアム)

 男子1万メートル競歩が行われ、20キロ競歩で東京五輪代表に内定している、池田向希(東洋大)が、38分41秒45の大会新記録で2年ぶり2度目の優勝を果たした。2位は古賀友太(明大)の40分19秒90で、50キロ競歩で東京五輪代表に内定している川野将虎(東洋大)は40分35秒20で3位だった。

 序盤からレースを仕掛け、2位に周回差をつけて優勝した。目標とした自己ベストの38分40秒04には約1秒届かなかったが、「最低限やりたいレースは進められた」とうなずいた。

 3位は東洋大の同級生で、共に東京五輪出場を決めた川野。今回は周回差をつける結果となったが、「最大のライバルではあるけど最大のチームメイト。日々切磋琢磨(せっさたくま)できているのは大きい」と熱く語った。

 8月中旬までは出場を決めた東京五輪を見据えて20キロ競歩を強化。8月下旬から1万メートルを意識した練習に切り替えた。「1週間前からどんどん調子があがった」と好調で迎えたインカレ。東洋大の先輩で、リオ五輪の20キロ競歩で7位入賞を果たした松永大介の大会記録も更新した。

 来夏に延期された東京五輪での活躍も期待される。「もっともっと強化をしていきたい」と闘志を燃やした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス