文字サイズ

池江璃花子、29日「東京都特別大会」で実戦復帰 1年7カ月ぶりレース

 競泳女子で白血病からの復活を目指す池江璃花子(20)=ルネサンス=が29日に実施される東京都特別大会(東京辰巳国際水泳場)の50メートル自由形にエントリーしたことが11日、関係者への取材で分かった。19年1月以来約1年7カ月ぶりの復帰戦で、病気公表後初のレースとなる。

 日大2年の池江は、10月の日本学生選手権への出場に強い意欲を示しているが、個人種目に出場するには19年4月以降に同大会の参加標準記録(26秒86)を突破する必要がある。27日の日大・中大対抗戦への出場を検討していたが、新型コロナウイルスの影響で中止となったため、東京都大会にエントリーした。ただ、日大の部員が新型コロナに感染した影響で、関係者によれば、池江は7月31日以降はプールでの練習はしていないという。

 池江は昨年2月に病気が発覚し、同12月まで長期入院していた。競技復帰に向けては24年パリ五輪に照準を合わせており、今年3月に練習を再開。7月には報道陣に練習を公開し「20歳の抱負は試合に出ること。今の状況をチェックし、それ以上に強くなれる方法を見つけたい」と復帰戦への意欲を語った。

 国立競技場での東京五輪1年前イベントに登場した際には「逆境からはい上がっていくときには希望の力が必要。私は、もう一度プールに戻りたい一心でつらい治療を乗り越えることができた」とメッセージを発信していた。自らを奮い立たせた勝負のプールで、いよいよ復活への第一歩を踏み出す時がきた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス