文字サイズ

照ノ富士が稽古再開「できること続けていく」 総体中止の母校後輩にエールも

 大相撲7月場所で5年ぶり優勝を果たした元大関の幕内照ノ富士(28)=伊勢ケ浜=が10日、都内の部屋で稽古を再開した。四股、すり足、てっぽうなどの基礎運動にダンベルを使ったトレーニングをみっちり。秋場所(9月13日初日、両国国技館)に向け「とにかく今、できることを精いっぱい続けていく。その先に良い結果がついてくればいい」と意欲を新たにした。

 両膝負傷、内臓疾患の影響で序二段まで降下しながら復活優勝。「番付が落ちている時も変わらず応援してくれた方たちからのお祝いの連絡がうれしかった」と、周囲へ恩返しできたことを喜んだ。6日には母校の鳥取城北高へ凱旋。全国高校総体が中止となった後輩たちに「腐らずに毎日の努力がすごく大事」と激励した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス