文字サイズ

強制休場の阿炎「接待を伴う店に行った」発熱も抗原検査は陰性

 「大相撲7月場所・8日目」(26日、両国国技館)

 新型コロナウイルスによる外出自粛の中、知人と会食に行き、25日の7日目から強制休場となった幕内阿炎(26)=錣山=に関し26日、芝田山広報部長(元横綱大乃国)が「接待を伴う店に行った」と説明した。

 感染予防のガイドラインをまとめ、「不要不急の外出はしない」と明記されている。協会一丸、自粛の中、軽率な行動。同部長は「(阿炎は)夜の接待を伴う店に行った。不特定多数を接待することによって感染することがあるということ。(接待を伴う店とは)小池都知事が言う『夜の店』。スナックなのかラウンジなのかキャバクラなのか分からないが夜の店」と語った。

 阿炎は前日37・6度の発熱があり抗原検査を受け、陰性と判定された。ただ、不特定多数の外部と接触しており、複数回、検査を重ね、判断する方針。この日も抗原検査かPCR検査を受ける予定となっている。

 同じ部屋の力士や、取組をした力士はガイドライン通りに感染予防を行っており、出場に問題はないという判断。ただ「万が一、陽性となれば濃厚接触者を検査に回る段取りを取らないといけない」と事態は悪化する。

 また、接待の場には阿炎のほか、幕下以下1人も同席していた。阿炎と同じ部屋ではない。前日、37度以上の発熱があり抗原検査を受け、陰性だった。現在は隔離され、休場している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス