文字サイズ

バレー・石川祐希、五輪開催「信じてやるしかない」コロナ禍も前向く

 バレーボール男子日本代表の石川祐希(24)=ミラノ=が21日、オンラインで取材に応じた。新型コロナウイルスの影響で中断していた代表合宿に約3カ月ぶりに参加。東京五輪開幕まであと1年となる中、コロナ禍終息のメドが立っていない現状に「開催を信じてやるしかない」と必死に前を向いた。

 五輪延期が決まったことについては「仕方がない。今できる準備を最大限やっていく」と受け止めた。コロナの影響で3カ月間ボール練習ができず、「ジャンプや速い動きで思った通り動くことができなかった」。身体面ではブランクを感じたと話すも「ボールスキルや感覚は残っていた」と石川。大舞台へ向けて、技術面、精神面ともに「成長した姿で来年を迎えられると思う」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス