文字サイズ

豪雨被害の五輪代表・岡沢セオン所属ジムに支援 日本ボクシング連盟が練習用具

被害を受けた鹿児島のジムへ送られたボクシング用具(日本ボクシング連盟提供)
豪雨被害を受けたジムで練習を再開した岡沢セオン(中央、日本ボクシング連盟提供)
岡沢が拠点とするジムでは、豪雨被害でランニングマシンなどが故障した(日本ボクシング連盟提供)
3枚

 日本ボクシング連盟は9日、東京五輪のボクシング男子ウエルター級代表の岡沢セオン(24)=鹿児島県体協=が拠点とするジム「ワイルドビー スポーツ」へグローブなどの練習用具を寄付することを発表した。同連盟は九州豪雨によるアマ関係者の被害を調査し、鹿屋市にある同ジムが大きな被害を受けていたことから、試合用グローブ、ヘッドギア、バンデージ、ミットなどを送ることを決めた。

 岡沢や高校5冠の荒竹一真(鹿屋工高3年)が所属する同ジムは、6日の豪雨で浸水。ランニングマシン4台などのトレーニング機器が故障、グローブなど練習用具の多くが泥まみれになる被害があった。岡沢は6日からジムの復旧作業を行っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス