文字サイズ

陸上・東京五輪女子マラソン代表対決は前田に軍配 前田1位、一山2位

 力走する(左から)前田穂南、一山麻緒ら=深川市陸上競技場
3枚

 「陸上・ホクレン中長距離チャレンジ」(8日、深川市陸上競技場)

 女子1万メートルに東京五輪マラソン代表の前田穂南(23)=天満屋=と一山麻緒(23)=ワコール=が出場し、前田が自己ベストを30秒以上更新する31分34秒94で1位となった。一山は32分3秒65で2位。

 レースはスタート後から前田と一山が先頭争いをし、7200メートル付近で前田が一山を引き離した。差をつけてゴールした前田は「一山選手とトラックレースで1万メートルを走ったのは初めて。どういう感じか分からなかった。少し意識したけど、自分のレースがどれぐらいできるかだった」と振り返った。

 一方の一山は、東京五輪代表を決めた3月の名古屋ウィメンズマラソン以来の実戦。自己ベストには30秒近く及ばず「積極的に走れたのは良かったが、後半ペースダウンしたのは、まだまだ力がないなと思った。マラソンが終わって、今まで練習はしっかり積めていた。自己ベストでは走りたかった」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス