文字サイズ

陸上・田中希実が女子3000メートルで福士超え18年ぶり日本新「ホッとしている」

 女子3000メートルで8分41秒35の日本新記録をマークし、喜ぶ田中希実=深川市陸上競技場
2枚

 「陸上・ホクレン中長距離チャレンジ」(8日、深川市陸上競技場)

 昨秋のドーハ世界選手権代表の田中希実(20)=豊田自動織機TC=が女子3000メートルで18年ぶりの日本記録となる8分41秒35をマークして1位となった。従来の記録は2002年に福士加代子(ワコール)が出した8分44秒40で「今はうれしいというより、練習の成果を出せてホッとしている気持ちの方が大きい」と語った。

 4日のホクレン中長距離士別大会の1500メートルでは日本歴代2位の記録をマーク。中3日でレースに臨んだが「疲労を残さず、3000メートルに臨めた」と振り返った。

 昨秋の世界選手権5000メートル決勝では、日本歴代2位の15分0秒01をたたき出している。5000メートルで東京五輪参加標準記録を突破している逸材は「1500メートルや3000メートルのスピードが、5000メートルにも生きてくると思う」と意気込んでいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス