文字サイズ

相撲協会員の抗体検査、陽性者5人も現在は全員陰性 八角親方「意義がありました」

 「大相撲7月場所」(7月19日初日、両国国技館)

 日本相撲協会は6日、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査の結果を発表した。同検査は全力士、親方ら希望者を対象に6月12日まで行われた。

 感染して亡くなった勝武士さんが所属し、複数の感染者が出た高田川部屋を除く44部屋の協会員891人のうち、抗体陽性者は5人(0・56パーセント)だった。

 抗体検査の後、発熱など症状のあった者はPCR検査を同時に受けたが、全員が陰性だった。

 5人の抗体陽性者のうち4人がPCR検査を受け、全員が陰性。残りの1人も5月以前の感染との見解で現時点では治癒していると判断された。

 結果を受け、今後も感染予防を徹底し、本場所の開催に備えることを発表した。

 八角理事長(元横綱北勝海)は以下のようにコメントした。

 「この度の抗体検査で、協会員が自発的に検査を受け、全員の陰性が確認できたことは意義がありました。七月場所に向けて稽古に専念できる環境が整いました。また、3月場所中には感染がなかったことも確認できました。3月場所後の感染により、1人の力士が亡くなったことは痛恨の極みであり、今後、絶対にそのような事態に陥らないように、7月場所後にも抗体検査を実施し、協会員の健康管理・感染防止を徹底する所存です」。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス