文字サイズ

7月場所まで2週間、新大関・朝乃山は「気持ちも高まる」先輩の映像で研究重ね

 「大相撲7月場所」(7月19日初日、両国国技館)

 新大関の朝乃山(26)=高砂=が6日、都内の部屋で稽古後、角界初のリモート会見を行った。7月場所まで2週間を切り、通常なら番付発表にあたる節目の日に意気込みを語った。

 新型コロナウイルスの影響で夏場所が中止となって、仕切り直しの“会見”。「やっと2週間前になり、初日まで体を作る。早く本場所で相撲を取りたい。気持ちも高まる」と、心境を明かした。

 先場所後は基礎運動をみっちり続けた。6月に入り、部屋の幕下と申し合い、ぶつかり稽古も再開させ、実戦勘も上げてきた。「2週間あるので焦らずにやっていく」と、うなずいた。

 3月の春場所で大関昇進をきめたが、大関お披露目はなかなかできない。「大関と呼んでもらうのはないし、本場所でまだ(大関として)相撲を取っていないので実感がない。お客さんが一番望んでいるのでは」と、本場所を待ち望んだ。

 長期ブランクの間は、過去の横綱、大関の映像を見て研究。「(得意の)右四つにどうしたらなれるか、なれない時はどうするのか」と、イメージトレーニングしていた。

 初のリモート会見に「非常にやりにくいです」と苦笑いした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス